診療案内

診療案内

当院は予約制です予約する

予約制にすることにより、その時間を専有することができます。
飼い主様に心の余裕が生まれ、それらが動物達に伝わることで、ゆったりとした診察ができることを目標としています。
ただし、救急の対応を優先する場合があります。

対象動物

  • うさぎ
  • げっ歯類

一般診療

食欲不振や下痢・嘔吐などの消化器症状、咳などの呼吸器症状、皮膚や耳のトラブルetcに対して治療を行います。
いつもと違う症状で気になることがあればお気軽にご相談ください。

各種検査

当院内で実施している精密検査は尿検査、糞便検査(直接・浮遊・塗沫染色法)、皮膚科検査、真菌培養検査、細菌培養検査、レントゲン検査(デジタル)、歯科レントゲン検査、超音波検査、眼科検査、血液検査、フィラリア検査などを行っています。

医療機器名 機器説明
デジタルX線画像解析装置
撮影したレントゲン写真を現像し、画像を各診察室のモニターに転送します。検査に要する時間が短縮され、撮影画像を拡大した細部の評価や各種計測が可能です。
歯科レントゲン X線照射器
通常のレントゲン撮影装置に比べて歯の撮影が容易で、歯の深部の状態がより鮮明に確認できます。歯周病の進行度の評価や歯内治療の際に使用します。
歯科用レントゲン X線デジタルセンサー
歯科用のX線のデジタルセンサーです。撮影後、数秒で画像がパソコンの画面に表示されるので麻酔時間を短縮できます。
超音波検査機器
レントゲンでは判別できない心臓、腹部、頭部などの内部状態や血流を診ることができます。超音波検査は通常、麻酔を必要としないので、動物にやさしい検査といえます。
ゼリーウォーマー
超音波検査に使用するゼリーの保温に使用します。温めたゼリーを使用することで快適に超音波検査を受けていただくことができます。
顕微鏡
肉眼では確認することのできない異常を見つけることができます。糞便検査、尿検査、細胞診、毛髪検査、血液塗抹検査などに使用します。
自動血球計算装置
血液中の赤血球や白血球、血小板などの数や形態を測定することができます。貧血の有無や感染症の有無など、広範囲な血液の病気の特定が可能です。
血液化学検査装置
腎臓・肝臓を含む血液中に含まれている様々な成分を測定し、全身状態を確認することができます。素早く分析することで病気の診断や治療の判定ができます。
電解質測定器
体内の塩分バランス(ナトリウム、カリウム、クロール)を測定することができ、脱水の種類や副腎機能の診断ができます。
遠心分離機
血液の検査に使う機器で、貧血の診断やフィラリアの検出・甲状腺機能や副腎機能測定の為の血清や血漿の分離など、幅広い検査に使用します。
超音波スケーラー
超音波振動により歯周病や口臭の原因になる歯石を除去します。
電気メス
手術の際に使用する電気メスです。止血をしながら切開することができるので手術時間が短くなり、より安全な手術ができます。
マイクロエンジン
主に歯科領域や整形外科で使用するドリルシステムです。歯科用のドリルやその他整形外科用ドリルなど、先端のドリルを変えることで様々な外科的な手技を行えます。
生体監視モニター
麻酔中の動物の状態を正確に把握するために使用します。様々な情報をモニターすることにより、より安全な麻酔を可能にします
術中保温装置
手術中は麻酔の影響などにより、体温が低下してしまいます。しっかり体温を確保することによって術中低体温による、麻酔覚醒の遅延・術後低酸素血症等の様々な悪影響から動物たちを守ります。
輸液ポンプ
輸液を一定の速度で的確に点滴するための装置です。入院治療や手術中の際に使用します。
シリンジポンプ
微量の薬剤を点滴する場合や若齢・超小型などの症例などに使用します。このポンプにより、薬剤をより正確に投与することができます。

予防診療

狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリアの予防、ノミ・マダニなどの外部寄生虫の予防、内部寄生虫など駆虫薬各種を取り揃えております。

各種手術

去勢・避妊手術、歯科手術、消化器外科手術、泌尿器外科手術、腫瘍外科手術、その他
特殊な症例に関しては、最適な専門医や施設をご紹介しております。

ペットホテル

犬・猫 お預かりの際には狂犬病(犬のみ)、混合ワクチンの1年以内の接種とノミ・ダニ予防が必要となります。
うさぎ ノミの予防をしていただく場合があります。
げっ歯類 健康状態等によりお預かりできないことがあります。ご相談ください。